079-427-3655

営業時間 : 午前10時~午後9時

拒食症でお悩みのお客様の声

お客様の声をご紹介します

摂食障害を改善したい
(神戸市 T・J様 10代)

続きを読む

(どんな悩みを抱えていましたか?)
大好きだったおばあちゃんが亡くなってから、何も食べれなくなりました。
10日ほどして入院させられました。
親も心配しているので、早く立ち直らなくちゃと思うけど、元気がでません。

 

 

(心理セラピーを受けたご感想)
食べられなくなるのが、正常な反応なんだと言われて、急に涙が止まらなくなってしまいました。
すごくうれしくて、その後、ずっと私ばっかり話していました。

 

おばあちゃんとの思い出を全部振り返ってみて、胸の辺りがじんわり温かくなってきました。
そして、元気もでてきました。ありがとうございました。

 

(カウンセラー矢場田のコメント)
大変なショックを受けて、食べられなくなった。
私は、こういう方の感性は素晴らしいなと思っています。

 

食べられなくなるくらいショックを受けている自分は異常だ。早く何とかしなきゃと思ってしまうと、心のバランスがとれなくなるのです。

 

他の例もあります。
配偶者を亡くして、うつ状態になる。
家族同然だったペットが死んで、うつ状態になる。
うつ状態になるのが当たり前なんです。

 

個人差がありますが、悲しみにくれる時間は心のバランスを保つうえで、とても大切なのです。

 

そして、少し落ち着いてきたら、目を背けずに冷静にその人との出来事を思い返してみます。
そこでは感情が揺れたり、涙がでたりしますが、その時も感情の流れるままにするのです。

 

そうすると、心のバランスが保たれて、少しずつ自分の内側から力が湧き出てくるはずです。