ストレスによる心身症

心身症のチェック

心身症には次のような症状があります

 

ストレスを感じると下痢や腹痛がある
ストレスで喘息が悪化してしまう
立ちくらみをよく起こすようになった
動悸や息切れが気になる
寝付きが悪く、夜中や早朝に目覚めてしまう
頭が重く感じたり、圧迫感を感じる
神経性胃炎になった
胃潰瘍になった

このような症状が続いていて
心身症の悪循環から抜け出せない方はご相談ください。

心身症って何?

心身症とは特定の病気を指すわけではありません。
精神的なストレスが大きな原因として、身体疾患としての症状が出ています。

 

ストレスが継続的かかってくると、脳に作用して身体の機能や免疫などに悪影響を与えることにより
様々な体の症状として現れるということです。

 

ですので、心因性の要素が大きく体に影響しているということなので、
心理療法(心理カウンセリング)が非常に効果的だということになります。

 

もちろん、体の症状からのアプローチも必要にな場合もあります。

カウンセリングにおいて、身体症状の意味を適切に受け取り、適切に対処する過程で心身症は改善していきます。

 

心身症を根本的に克服したい方は
神戸、姫路からの来店が多い兵庫県加古川の心理カウンセリングルーム「健康物語」
に一度ご相談ください。

 

薬を使わずに心理療法で心身症は楽になります。
神経症を克服した経験を元に100%あなたの味方として導いていきます。

 

お電話でのご予約は 079-427-3655
受付時間午前10時~午後9時

 

カウンセリングを成功させるためには、あなたとカウンセラーとの相性が大切な要素となりますので、ぜひプロフィールもご確認ください。