079-427-3655

営業時間 : 午前10時~午後9時

過食症でお悩みのお客様の声

お客様の声ご紹介します

過食と拒食を繰り返しています

(神戸市 K・N 様 10代)

続きを読む

(どんな悩みを抱えていましたか?)

友達から体系のことを言われてから気にしてしまい、ダイエットをしたが失敗し、余計に過食が増して
しまった。いつも食べ物のことを考えてしまう。
本当はダイエットなんかしたくないが、太ることも怖い。過食と嘔吐を繰り返し、拒食に変わったこともある。ダイエットをしたいができない、自分が情けなくなる。

 

(心理カウンセラーを受けたご感想)

自分の自信の無さからダイエットを通して(認めてもらいたい)と感じてたのかもしれない。
食べることの罪悪感があり、食べられなくなることもあった。カウンセリングを受けて、食べることの罪悪感が少しなくなり、健康的に食べることへシフトしやすくなった。

 

今まで言えなかった過食症の話を親にすることができた

(神戸市 M・A 様 30代)

続きを読む

(どんな悩みを抱えていましたか?)

他人の意見に振り回されて、自分の気持ちがわからなくなっていた。

学生時代から、厳しい両親に従ってばかりで、自分の気持ちを素直に言えずに来ました。

中学や高校時代は、自分が好きな部活を続けたかったけれど、親の言いなりになり、断念したことを今でも悔やんでいます。

親にとって扱いやすい子だったと思いますが、いつも気持ちを閉じ込め我慢をしていたため

高校に入ってから過食症になりました。そのせいでどんどん自身がなくなり、親元を離れた大学へと進学しました。

一時的に症状は治まっていましたが、主人と上手くいかず、だれにも相談できず、過食症が再発してしまいました。

 

(心理カウンセリングを受けたご感想)

少しずつ自分の気持ちを吐き出す練習をしたり、イメージの中で母親に言って欲しかった言葉がどんどん湧き出して、こんなに自分の存在を認めてほしかったんだと実感できた。

勇気を出して、母親に自分の過食についての話をしてみることで、母自体も少しずつ変わってきた気がします。初めて自分の意見を聞いてもらえたことが嬉しかったです。

まだ不安はありますが、過食の頻度も減り、体も楽になりました。

 

(カウンセラー矢場田のコメント)

過食症のご相談はとても多いです。

来られた方には、まず過食症の根本の原因について、わかりやすくご説明しています。

そして、どうやったら改善できるのか、
改善までの全体像や流れをお伝えします。

この時点で、かなり希望をもたらる方が多いですね。

過食の悪循環のメカニズムがわかれば
あとはそれを実践していくだけです。

ご自身の負担がかかることなく、
イメージ上でストレスを解消していくことや
自己肯定感を高めていくことで、

結果的に過食をしなくてよくなります。